包茎手術後の痛みは失敗している証拠なのか

包茎手術を行った後に痛みを感じることもありますが、本来は傷口が動かないように固定しているので痛みがあまりないとされています。そのため、痛みを感じてしまうと包茎手術が失敗したのではないかと心配になる人や手術しなければ良かったと後悔する人が多いですが、基本的には手術が失敗しているわけではないので安心して良いです。特に真性包茎の場合は今まで露出していなかった部分を露出させるために傷口が大きくなってしまうことが多く、そのせいで痛みを感じる人が仮性包茎の場合よりも多いとされています。
多くの人は翌日から普段通りの生活ができるようですが、真性包茎手術をした人の2割から3割程度が術後に痛みを経験するようです。痛みを感じたとしても手術の方法が間違っているということや、完璧な施術が行われていないということにはならないので焦る必要はありません。出血などの明らかな異変がある場合は病院で診てもらう必要がありますが、痛みだけであれば包茎手術が失敗しているということはないでしょう。

包茎手術後の痛みで後悔しないためにできること

包茎を治すための手術を行った後の痛みが心配なのであれば、術後の痛みで後悔しないようにするためにできることをしておきましょう。包茎手術を行っているクリニックの中には、内服薬の痛み止めを多めに処方してくれたり、局所麻酔のゼリーを渡してくれる場所もあります。クリニックを選ぶ際に包茎手術の後に痛み止めや局所麻酔ゼリーを出してくれる場所を選ぶようにすれば、手術後に痛みが起こったとしても素早く対処することができるはずです。
病院によっては痛み止めは処方されても局所麻酔ゼリーはもらえないということもあるので、事前に公式ホームページなどでどのようなアフターサービスを受けることができるのか調べておくと良いでしょう。包茎手術の後に痛みを感じることは少ないと言われていますが絶対に感じないとは言い切れないので、包茎手術を行ったことを後悔することがないようにするためにも、利用するつもりのクリニックで術後の痛みを緩和するための治療薬の処方などがあるか調べておくことがおすすめです。

まとめ

包茎手術の後は特殊なテープで固定するため痛みがないと言われることが多いですが、稀に痛みを感じることもあります。そのときに手術が失敗したのではないかと不安になる人も少なくありませんが、本当に失敗していることはほとんどないので神経質に心配する必要がありません。術後の痛みが心配で包茎手術を受けることを迷っているのであれば、事前に利用する予定のクリニックが痛み止めの処方を行ってくれるか調べ、心配であれば局所麻酔ゼリーなどを出してくれる場所を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です