包茎手術で失敗した場合は

包茎手術でペニスの悩みを解決でき、喜ばしい結果になったという人は多いですが、物事に100%という確率はないので、残念ながら失敗してしまう、という例もあります。手術的には成功と言える結果であっても、後悔が残るケースもあるものです。傷跡が目立つことで本人が納得できないという場合です。
今は昔に比べて手術の技術も上がっているので、傷跡が目立たないというのが一般的です。ですからそれを期待していたのに、予想以上に傷跡が残ってしまっては本人もショックです。もともと包茎手術はペニスの見栄えを良くするために行うというものでもありますから、以前のほうが自然でまだよかった、というような仕上がりでは満足できないどころか後悔も残ってしまいます。なので傷跡が目立って失敗だと感じたら、修正手術を考えましょう。包茎手術をした医師が信用できないのであれば、別のクリニックに依頼することを考えるのも一つの方法です。

包茎手術の失敗例を確認しておく

包茎手術の失敗が心配なのであれば、前もって包茎手術のビフォアーアフターの例を見せてもらうのも良いでしょう。画像で見せられないのであれば、医師に絵にかいてもらうなど、大体分かるように説明してもらえば納得して手術に挑むこともできると思われます。また、いくら傷跡が綺麗になるといっても、まったく消してしまうことはできませんから、どれが普通なのかも知っておきましょう。
傷跡の目立つ・目立たない、これくらいまでなら気にしない、というような感覚は人それぞれ異なるので、自分で判断してみましょう。少しでも残るのが嫌だという人であれば、その時点で手術をあきらめることもできます。なので一般的に成功例、と言われる程度も確認しておくと安心です。手術自体は成功している場合、傷跡の程度でもめるとなると、医師は失敗だと認めないこともあります。ですからどれくらいが失敗だと言えるのかも自分なりに解釈しておくのが望ましいです。

まとめ

せっかく多額の費用を払って手術をしたのに、自分の満足のいかない結果になってしまっては後悔も残るものです。ですから修正手術でどのようにまで回復させることができるのかも調べておきましょう。以前のように、とまではいかなくてもあきらめが付く程度にまでは戻せるかもしれません。失敗したと思っても絶望せずに、修正の道を切り開いていくようにもしましょう。修正手術についても医師から説明を受けておくようにすると安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です