裁判沙汰までになった水道工事

海外ではちょっとしたことでも裁判を起こされることが多々あって、
請求額も日本では考えられないような金額を求めてきます。
日本でも注意しないと言いがかりを付けられることが合って、
裁判沙汰になりやすいのが水道工事です。
道路に埋設されている給水管の本管は老朽化や漏水、
清掃のために工事が行われることがあり、事前に断水の連絡が行われます。
この際、工事が終わってすぐの水は泥や赤さびが混じることがあるため、
しばらく水を出して汚れが出なくなってから色んなことに使うように
お願いがしっかりと行われています。
しかし中には汚れた水で洗濯し、
服に色が付いてしまったため着ることができなくなり、
水道工事を行った業者に弁償を求めるケースがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です